テカリ肌にオススメの崩れにくいファンデーションランキング
 サイト管理人よりご挨拶 
ご挨拶

はじめまして。記者歴15年のユウミです。
二十歳を過ぎたあたりからアブラっぽいテカリ肌が気になっていました。メイクをしてもすぐに浮いてきて、化粧直しは一苦労。テカリ肌への対策はいろいろ試したのですが、特にファンデーション選びが自分にとって一番重要だったことに気付きました。
このサイトでは、テカリ肌を克服するための対策やオススメのファンデーションを紹介します!管理人:ユウミ

第1位 ビズファインカラー
ビズファインカラー
皮脂が出やすい男性用に開発された、軽いつけ心地と抜群のテカリ抑制力が特徴の水ファンデ
詳細はこちら
第2位 スマートスキン ベリーレア
スマートスキン ベリーレア
赤みや毛穴をしっかりとカバーしてくれる頼りになる肌に馴染みやすいファンデーション。
詳細はこちら
第3位 ティンティド スキンプロテクター
ティンティド スキンプロテクター
やや重めの使用感ですが、非常に高い紫外線防止カット効果が魅力的
詳細はこちら

テカリ肌にオススメの崩れにくいファンデーション

テカリ肌にありがちなお悩み

肌トラブルのある女性肌のタイプには、テカリ肌(脂性肌)、乾燥肌、その2つが合わさった混合肌がありますが、一番トラブルが起こりやすいのは脂性肌だと言われています。テカリ肌にありがちな主なトラブルは3つです。

■顔のテカリ
皮脂の分泌が過剰になってしまうと、せっかく化粧をしてもすぐに崩れてしまい、ファンデーションがどろどろによれて流れてしまいます。
肌を触った時のベトベト感も気になりますよね。
特にTゾーンと呼ばれる額から鼻にかけての範囲には、ほかの肌に比べて5~6倍の毛穴があると言われており、皮脂が出やすくトラブルの多い部分です。
■毛穴の黒ずみ
テカリ肌のお悩みに多いのがこの黒ずみです。特にTゾーンや鼻の頭は毛穴が広がりやすく、気にしすぎて間違ったケアをすると余計に広げてしまいます。ピンポイントでの毛穴シートなどでの角栓除去するケアは悪化を招きやすいため、対処が難しいお悩みでもありますね。
結局は肌全体にも言える、保湿や清潔に保つことが重要になってきます。
■ニキビ・赤み
ニキビは、アクネ菌が皮脂を栄養にして異常に増えてしまい、毛穴で炎症を起こした状態です。アクネ菌は通常の肌にも存在していますが、ニキビの状態はそれがいつも以上に増えてしまったものです。
脂性肌の人は、思春期でなくても皮脂の分泌量が多いため、大人ニキビが出来やすいのです。

これらのテカリ肌でありがちなトラブルはなんとか化粧で隠したいですよね。ファンデーションを厚めに塗ったり、コンシーラーで隠したりすると思います。
そのときにはできるだけ肌に負担が少なく、テカリ肌に合ったものを選んでください。
隠そうとして余計に悪化させてしまわないように、化粧品選びには慎重になりましょう。

明日からできるテカリ肌の撃退方法

テカリ肌にはストレスや遺伝などによるホルモンバランスの崩れが大きく関係しています。
皮脂の分泌を促進するホルモンが過剰になってしまうことによってテカリの原因を生み出しているんです。
原因を根本から断ち切るには長期的に生活習慣を見直したり、ストレスのたまらない生活に変えていく必要がありますね。
だだ、こればかりはすぐには解決できない問題が山ほどありますし、そもそもストレスを減らすなど難しいかもしれません。

ここでは明日からすぐにできる、テカリを少しでも減らす方法を紹介します。洗顔中の女性

■洗顔~スキンケア
洗顔はほどほど。30度~35度くらいのぬるま湯で洗う。回数を増やしたりするのはNG!

クレンジングはオイル以外のクリームまたはミルクタイプを選ぼう。

化粧水は引き締め(収れん)効果のあるものを使い、たっぷりとつけよう。角質にしっかり水分を含ませるイメージで丁寧に塗り込む。

乳液をつけよう。乳液には通常20~30%の油分が含まれており、化粧水で保湿した水分を肌に閉じ込める役割を果たします

クレンジングはしっかり落としたいからと、オイルタイプを使っている方も多いかと思います。
ただ、皮膚には一定の皮脂が必要で、逆に少なすぎると更なる過剰な皮脂の分泌を招きます。脂や汗を取りすぎないよう、肌に優しいタイプのものを選びましょう。
また、化粧水は肌の引き締め効果のあるものを選びましょう。
ビタミンC誘導体を配合しているものだと、なお良いですね。

■ベースメイク
メイク前にも、しっかり化粧水、乳液を塗って肌に水分を含ませてからメイクする

化粧下地やファンデーションはオイルフリータイプでUVカット効果ががあるものを選ぼう

下地を塗ったあとは、1~2分時間をおいて肌に密着させる

ファンデーションは顔の中心から外側に向かって均一に塗る

フェースパウダーで土台を仕上げよう

下地やファンデーションはしっかりつけていても、フェースパウダーにまで気を使っている人はそこまで多くないかもしれません。
フェースパウダーの一番の役割は、皮脂を吸着し、化粧崩れを防ぐことです。
ベースメークはフェースパウダーで仕上げましょう。

また、ファンデーションを塗る時の道具にもポイントがあります。
ファンデーションはスポンジよりもブラシで塗ったほうが厚塗りにならずに全体にむらなく塗ることができます。
化粧崩れを気にするなら、ファンデーションは薄くつけることがポイントになりますので、ブラシで塗ることをおすすめします。

■化粧直し
化粧直しには、フェースパウダーを使って皮脂を吸着させる

あぶらとり紙はできるだけ使わないで!最新の水分を吸わないとタイプならOK

あぶらとり紙で必要以上に皮脂を取り除いてしまうこともNGですが、それと同時に水分を取り除いてしまうことが、皮脂の分泌を促しています。
最近出ている、水分は取らないと記載されているあぶらとり紙であれば、適度に使用して様子をみても良いかもしれません。

夏場などで油をとらなきゃ化粧直しがどうにもならない!!
というときには、スプレーに水や化粧水を入れて顔に吹きかけてから、ティッシュでオフしましょう。
お肌を保湿してこれ以上油が出ないようにできるうえ、必要以上に油を取り除いてしまうこともありません。

■その他

ブルーのメイクをした絵

紫外線対策はしっかりと

ウォータープルーフのマスカラやアイラインはNG

テカリは肌の表面ではなく、内側の乾きが関係していると言われます。
いわゆるインナードライです。

肌表面のテカリを減らすために、洗顔をゴシゴシする、あぶらとり紙を何枚も使う!という人は要注意。
必要な皮脂まで落としてしまって、余計に皮脂の分泌を増やしてしまっているかもしれません。

また、紫外線に長時間当たってしまうと、肌が乾燥してしまうので、これもインナードライを招きます。
紫外線が与えるテカリ肌への影響

さらに、脂性肌の人が選びがちなウォータープルーフタイプのポイントメイクもNGです。
ウォータープルーフは文字通り水には強いのですが、油には弱い場合が多いです。
水分の多い汗対策であれば効果的といえますが、生活の中で出てしまう皮脂に対しては弱く、化粧崩れをおこしてしまいます。
しかも厄介なのが、洗顔やクレンジングでは通常の化粧品に比べて落ちにくいこと。
落ちにくいため、洗浄力のつよいクレンジングオイルや洗顔料を使うことになり、テカリ肌へは悪循環になってしまいます。

適切な化粧品を選んで、テカリを撃退しましょう!

テカリ肌におすすめのファンデーションの選び方

様々なタイプのファンデーション

一般的にテカリ肌(脂性肌)の方にオススメなのはパウダータイプやエマルジョンタイプ、そしてオイルフリーのファンデーションだと言われています。
その理由は、それぞれ皮脂を吸着する効果があるので、テカりを抑えることができるからです。
ファンデーションの種類一覧

わたしが様々なファンデーションを試した結果、とても良かったのは水ファンデーションでした。
水ファンデは油分の含有量がとても低いオイルフリータイプのファンデーションで、男性用に作られたコスメです。
女性よりも皮脂の多い男性用に作られたので、皮脂による化粧崩れにとても強いという特徴がありました。肌の負担を減らしつつテカリを抑える効果が持続するのでおすすめです。

わたしが試してみて、良かったファンデーションをランキングにしました。口コミや商品の特徴も簡単にまとめましたので、参考にしてください。

脂性肌でも崩れにくいファンデーションランキング
水ファンデ

公開日:
最終更新日:2017/06/26